輸入車 コーディングカスタマイズできます!

ユーズドステーションではSnap-on(スナップオン)の最新スキャンツールを導入しています。

自動車の日々電子化が進んでいます。

それに伴い、今の自動車の修理にはスキャンツール(故障診断機)が必須になっています。

ユーズドステーションでは、Snap-on社の最新スキャンツールを使用することで、国産車のみならず幅広い輸入車の故障診断にも対応しております。

そしてこのスキャンツールは故障診断だけではなく、輸入車のコーディングカスタマイズが可能になっております。

コーディングとは、スキャンツールを使い、車両コンピューターにアクセスして、本来は変更できない基本設定などを変更するカスタム方法です。

コーディングには様々な内容がございますが、例えば、

・LEDポジションデイライト化

・ディスプレイ表示追加

・テレビナビキャンセル(スピードロックキャンセル)

など、各メーカーによって項目は違いますが、様々の変更が可能です。

年式・車種によっては設定ができな場合もございますので、コーディングをお考えの方はスタッフまでお問い合わせください。

この記事を書いた人